宝塚記念回顧

 ついに推し騎手菅原くんが、ブローザホーンでG1初勝利。

 ブローザホーンは、坂のある阪神より京都コースが合うと思っていた。阪神大賞典で3着と地力をつけて、天皇賞・春では追い込んで2着。そろそろと思いつつ、ここは相手が悪い3着までか・・・と予想。

 昨年の団野くんの時は、何も考えずファストフォースを買って正解だったが、今年は取り逃がしてしまった。ただただ残念。

 されど、追い出しを我慢して突き抜けた勝利に「おめでとう」と言いたい!

 

 とはいえ、ドウデュ―ス、ジャスティンパレスがともに討ち死にするとは想定できなかった。D.レーンも川田も不発で、予想は、まるハズレ(^^;ここまで外すと悔しさも出てこない。

 2着ソールオリエンス、3着べラジオオペラという結果から、重馬場の巧い下手が、強くないといわれる4歳世代を押し上げた気がする。ちなみに、この2頭の生産者は社台F。やはり、今年のG1戦線では侮れない。

 惜しかったのは、クビ差4着のプラダリア。勝ち⇒負け⇒勝ち⇒負けときて、勝ちの順番かなと一瞬思ったが、未勝利戦とはいえ重馬場で7馬身差勝ちしていたんですね。

 

 本当に強い馬は、馬場が云々などとはいわず勝つもの。今後のブローザホーンの成長が楽しみです。

 

 

競馬予想屋のタラレバ日記 part 160

 先週のマーメイドSは、永島まなみ騎手アリスヴェリテにまんまと逃げきられた。

 人気馬の追い出しも遅く、川田騎手は2着を確保したものの、永島騎手の初重賞勝ちに花を持たせた気がしないでもなかった。いかにも日本人的と感じるのは私だけだろうか?

 結果的に、愛知杯の再戦とみた予想の時点で、はなはだ見当違いだったのですが。。。(^^;

 

 日曜競馬の予想です。

 < 宝塚記念 >

 予想ポイント25pにジャスティンパレス、ドウデュースの2頭。どちらに印を打つか悩んだが、ジャスティンパレスに◎。

 次に、D.レーン騎乗シュトルーヴェ。さらに、川田騎乗にルージュエヴァイユ。

 推し騎手菅原くん、団野くんは、3着狙いまで。

 ◎ジャスティンパレス

 ○ドウデュース

 ▲シュトルーヴェ

 △ルージュエヴァイユ

  (結論)

  単 勝 2番

  馬 単 2⇔4、2⇔1、2⇒13

  ワイド 11-1・2・4・13、12-1・2・4・13 流し

  3連単 2⇒1・4・13⇒1・4・11・12・13 1着固定

 

ウオッカ

 

競馬予想屋のタラレバ日記 part 159

 競馬ファンなら誰しも知っているだろう、故・大川慶次郎氏の「大川慶次郎回顧録」なる本を先日読み終えた。戦前の話は、少々退屈な感があったが、予想に関する記述にはやはり唸るものがある。

 競馬は、勝つ馬を当てるもの、という神髄に改めて触れた気がする。これに触発されて、馬単を試してみる。

 

 日曜競馬の予想です。

 < マーメイドS >

 予想ポイントは、コスタボニータ、タガノパッション、ピンハイの3頭が25pなのだが、そのまま決まりそうに思えない。このレースは、愛知杯の再戦と見る。

 順調度からコスタボニータに◎。愛知杯勝馬との斤量差が1kg⇒0.5kgとなれば互角と見る。相手は、前走のG1を度外視してミッキーゴージャス。

 次に、人気になりすぎの感はあるが、川田騎乗だけにエーデルブルーメ。さらに、人気薄坂井騎手ラヴェルをひっそりと狙う。

 ◎コスタボニータ

 ○ミッキーゴージャス

 ▲エーデルブルーメ

 △ラヴェル

 (結論)

 単 勝 9番

 馬 単 9⇔4、9⇔15、15⇔4、9⇒5

 ワイド 4・5・9・15 BOX

 3連単 9⇒4・5・15⇒4・5・15

 

ウオッカ

 

 

競馬予想屋のタラレバ日記 part 158

 先週の安田記念は、ナミュールが2着に健闘も、香港馬ロマンチックウォリアーの圧勝。強さは認めながら、近4走2000mということから切ってしまった。うーん、強い馬は条件不問なのですね。(^^;

 

 日曜競馬の予想です。

 < エムソムC >

 予想ポイント15pに、シルトホン、グランディアの2頭。8枠グランディアに◎。

あとは、人気でもルメール騎乗レーベンスティールと推しの菅原騎手ノースザワールド。

 ◎グランディア

 ○シルトホン

 ▲レーベンスティー

 △ノースザワールド

 (結論)

 単 勝 16番

 馬 連 16-2・6・10 流し

 ワイド 2・6・10・16 BOX

 3連単 16⇒2・6・10⇒2・6・10

 

ウオッカ

 

 < 函館SS >

 どれが勝ってもおかしくない混沌としたメンバー。迷いに迷ったが、予想を楽しむことにした。

 予想ポイント15pセッションに◎。

 相手は、人気のアサカラキング。母の父サクラバクシンオーのサトノレーヴ。昨年の覇者キミワクイーン。

 ◎セッション

 ○アサカラキング

 ▲サトノレーヴ

 △キミワクイーン

 (結論)

 単 勝 14番

 馬 連 14-3・4・9 流し

 ワイド 3・4・9・14 BOX

 3連単 14⇒3・4・9⇒3・4・9

 

 

競馬予想屋のタラレバ日記 part 157

 土曜日の鳴尾記念は、◎ロードデルレイ発走除外。返還で微々たるマイナスでした。運が良いのか悪いのか・・・団野くんのヤマニンサンバが3着に届いていレバわずかながらプラスだったんですけどねぇ。(^^;

 

 日曜競馬の予想です。

 < 安田記念 >

 予想ポイント30pに、ナミュール、セリフォスの2頭。ナミュールに◎。

 次点から、ルメール騎乗パラレルヴィジョンと社台F生産馬コレベティトールを取捨。

 ◎ナミュール

 ○セリフォス

 ▲パラレルヴィジョン

 △コレベティトール

 (結論)

 単 勝 5番

 馬 連 5-9・14・17 流し

 ワイド 5・9・14・17 BOX

 3連単 5⇒9・14・17⇒9・14・17

 

シャワー

 

競馬予想屋のタラレバ日記 part 157

 ダービーの◎ジャスティンミラノは、惜しくもない2着。横山典騎手にしてやられた。今年の注目馬の1頭ではあるが、のちに圧倒的な威圧感を醸し出すイクイノックスのような存在ではないような気がした。

 

 土曜競馬の予想です。

 < 鳴尾記念 >

 予想ポイント最上位ロードデルレイに◎。

 相手は、モレイラ騎手ボッケリーニ、4歳馬二ホンピロキーフ、推しの団野騎手ヤマニンサンバ。

 ◎ロードデルレイ

 ○ボッケリーニ

 ▲二ホンピロキーフ

 △ヤマニンサンバ

 (結論)

 単 勝 6番

 馬 連 6-4・5・13 流し

 ワイド 4・5・6・13 BOX

 

シャワー

 

競馬予想屋のタラレバ日記 part 155

 いよいよ競馬の祭典ダービーがやってきた!

 

 日曜競馬の予想です。

 < ダービー >

 予想ポイント25pに、アーバンジャック、シックスペンス、ジャスティンミラノ、レガレイラの4頭。ジャスティンミラノに◎。

 馬連は、モレイラ騎手ダノンエアズロックを加えた5頭のBOXで勝負。

 3着狙いとして、次点からビザンチンドリーム、ミスタージーティーの2頭。さらに、菅原騎手サンライズジパングを加え、かつ、ワイドを押さえる。

 ◎ジャスティンミラノ

 ○レガレイラ

 ▲アーバンジャック

 △シックスペンス

 △ダノンエアズロック

 (結論)

 単 勝 15番

 馬 連 2・8・9・12・15 BOX

 ワイド 10-2・8・9・12・15 流し

 3連単 15⇒2・8・9・12⇒4・7・10

 

ウォッカ

 

 < 目黒記念 >

 予想ポイント20pに、クロミナンス、ヒートオンビートの2頭。ここは素直に、クロミナンスに◎。

 次点から、シュトルーヴェを選択。さらに、川田騎手サトノグランツを押さえる。

 ◎クロミナンス

 ○ヒートオンビート

 ▲シュトルーヴェ

 △サトノグランツ

 (結論)

 単 勝 4番

 馬 連 2・4・5・9 BOX